About

形成外科医について

主任教授 宮脇剛司

第⼀次世界⼤戦で多くの兵⼠が負傷し、その重篤な顔⾯外傷の治療が、あるグループの外科医によりヨーロッパで数多く⾏われました。その過程で修復と再建の治療技術は⾶躍的に進歩し、形成外科という専⾨性が独⽴しました。その後外傷の治療以外の分野においても、形成外科でなければ⾏えない⼿技が次々と開発され、形成外科の扱う疾患が増加していきました。

形成外科は新しく誕⽣した科であるため、正しい全体像をイメージすることは、形成外科医でない⼈にとっては容易ではありません。形成外科とはひと⾔で表現すれば、組織の移動です。さまざまな⽅法で組織を移動することにより、機能と形態の修復・改善・再建を⾏うことにより、患者さんのQOLを向上することを⽬標としています。扱う組織は⽪膚・⾎管・神経・筋・⾻・軟⾻・粘膜など全てであり、頭頂から⾜尖まで、臓器を除くあらゆる部位を対象としています。かつてはそれぞれの科の医師が⾏っていた⼿技が、形成外科医が⾏った⽅が、より安全に、効率的に⾏えるという理由で、形成外科医に任されるようになり、誕⽣した科です。したがって他科からの依頼が多く、またそれに応えることは形成外科の使命です。病院では、なくてはならない科の⼀つであり、今後QOLがますます重視されていくことを考慮すると、形成外科の果たす役割は年々⼤きくなっていくと考えられます。

 

形成外科が扱う疾患は、外傷、先天異常、腫瘍(腫瘍切除後の再建を含む)、美容医療の4つに⼤別できます。それぞれが⾮常に重要な疾患ですが、形成外科が現在最も盛んなアメリカ合衆国では、美容医療の重要性が年々⾼まっています。当講座の⼤きな特徴は、頭蓋・顔⾯・四肢の外傷、あらゆる外表先天異常、乳房再建、頭頚部再建、会陰・四肢・体幹の再建など、形成外科の全ての分野におけるエキスパートを擁し、彼らの指導のもとに積極的に診療・教育・研究を⾏っていることです。美容外科に関しては、関連病院においてトレーニング・プログラムの構築が進んでいます。

<教授>

松浦 愼太郎

⼆ノ宮 邦稔(附属第三病院)

<准教授>

平川 正彦(富⼠市⽴中央病院)

寺尾 保信(がん・感染症センター都⽴駒込病院)

野嶋 公博(千葉⻄総合病院)

⽯⽥ 勝⼤

<講師>

林 淳也(町⽥市⺠病院)

冨⽥ 祥⼀(JCHO東京新宿メディカルセンター)

岸慶太

西村礼司

<講師(⾮常勤)>

関⼝ 順輔(せきぐちクリニック)

​福本恵三(埼玉慈恵病院)

⼩森 成(⽇本⻭科⼤学附属病院 矯正⻭科)

松井 瑞⼦(聖路加国際病院)

渡邊 彰⼆(埼⽟県⽴⼩児医療センター)

森 克哉(渋⾕の森クリニック)

助教30名