Subspeciality

専門分野

⽇本形成外科学会専⾨医を取得した後は、教室員それぞれの希望する分野を、⾃らのsubspecialtyとして位置付け、より専⾨性の⾼い技術と知識の獲得に、精⼒を集中していくことが可能です。もちろんgeneral plastic surgeonとしての道を選択することもできます。

慈恵医⼤形成外科学講座におけるsubspecialtyは、頭蓋顎顔⾯外科、⼿外科、頭頸部再建、乳房再建、レーザー治療、下肢脈管疾患の6つが挙げられます。現在トレーニング・プログラムの構築を進めている7番⽬の分野は、美容外科です。

頭蓋顎顔面外科

手外科

​頭顎部再建

レーザー治療

下肢脈管疾患

美容外科

乳房再建